悪徳コンサルティングには気をつけろ

コンサルティング会社に依頼する時、個人経営をしている場合は本当に注意が必要です。個人経営は、売り上げが多ければ利益率は
非常に大きいものになりますが、不景気であればまともにその影響を受けてしまうことが多いので安定はしにくいです。
常に、経営に関しての不安は尽きないのではないでしょうか。
日本の企業の中でほとんどが中小企業です。ですからほとんどの企業が経営に関して不安に思っているので、そこの隙を狙おうとする悪徳
コンサルティング会社は当然存在します。

とにかく気をつけなければならないのが営業の存在です。
はじめに述べた通り日本の企業はほとんど中小企業です。
ですから日本にはとても多くの企業が存在します。
片っ端から営業をかけて、騙す企業を探しているのです。

さらにそのような騙されてしまう企業は、切羽詰まった企業が多く正確な判断能力が薄れてしまっているので余計騙されやすいのです。
このような時言葉巧みに悪徳コンサルティング会社に狙われてしまったら跳ね返すのは難しいかもしれません。例えば営業に来た悪徳コンサルティング会社が女性だったらどうでしょう。営業は、スーツを着た男性だとイメージしてしまいますが女性だと警戒を解いてしまうのではないでしょうか。女性はまさか詐欺などはしないだろうと思われるかもしれませんが、女性であっても関係はありません。悪徳コンサルティング会社は相手を油断させて心の隙を伺うプロですから 女性やイメージの良い好青年などそのパターンに応じて方法を変えてきます。もちろんある程度のマニュアルも存在するでしょう。

しかも複数人で狙ってきますから、とにかく不審に思ったら仲間を増やすことです。
自分の知り合いや同業者に相談するのが一番早いです。 第三者が入ってくるとやはり相手も警戒をします。仲間が増えれば増えるほど、相手は弱気になり場合によっては何か用事をつけて悪徳コンサルティング会社の方から手を引くこともあります。できるだけ早くそのような悪徳業者は早い段階で断ってしまうことが一番良い方法です。