良いコンサルティングの条件とは

コンサルティングの仕事は、華やかなイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、非常にハードな仕事であることは間違いないです。
所属している会社に寄るかもしれませんが、結果で給料が変わってくるので常に努力をし続け成長しなければ認められない世界です。
働き方改革など注目されていますが定時で帰れることはほぼなくプライベートな時であっても呼び出されることもありますし自由な時間はあまりないのが現状です。

コンサルティングの会社は、一般的にはある企業に対してアドバイスをし収益を上げていく、評判を上げていくということを目指しています。
収益というのは良い商品を生み出したり、良いサービスを提供したり素晴らしい価値を消費者に奉仕していくことができれば特に問題は
ないのですが、そのような努力をしていても満足する収益を得ることができないまたは、業績低下なども珍しいことではありません。
しかし、改善点が見つかれば業績は上向きに行く場合が多いです。
しかもその問題点はちょっとしたことであるよくあることです。
例えばどのお客様に対しても最後まで挨拶を忘れずにすること、それだけでも大幅な違いがある場合があります。
会社の問題点というのは、設備費など大きな予算をつぎ込まなければならない大規模な改革もありますが、しかしこのようなちょっとした改善点を見つけてそれを指摘すること、直していただくことがコンサルティングの仕事なのです。担当する企業が 不測の事態に陥った時、もしくは緊急の時連絡をいただいてすぐに問題点を解決することもあります。

そのような時には、コンサルティングの見せ所でもあります。
限られた時間の中で問題を見つけて解決していくことは腕がなければなかなかできないことです。これは長い経験も必要でどんなに
能力があっても実行力とはまた違うところです。考えているばかりでは解決にはなりませんし、失敗も経験しているからこそ解決策も
提案することができます。良いコンサルティングができる人はどんな厳しい状態であっても結果を出せるそして、フットワークの軽い
そのような人が優秀な人でしょう。