コンサルティングの仕事の内容

1、コンサルティングの仕事は、大きく分けて4つの分野に分かれます。
戦略系、財務系、人事系、再生系の4つです。
大手コンサルティングファームなら、4つの分野をそれぞれ専門にして、.戦略系コンサルティングファーム、財務系コンサルティングファーム、人事系コンサルティングファーム、.再生系コンサルティングファームに分かれ、これらを統合した総合系ンサルティングファームというものもあります。
コンサルティングファームほど大きくない、経営コンサルタント事務所や個人のコンサルタントは4つの分野を特に分けず、クライアントの要望に応じて、コンサルティングしています。
それでは4つの分野の仕事内容をさらに細かくみていきましょう。

2、戦略分野のコンサルティングの仕事の内容
戦略はクライアントの会社全体の方向性の課題を解決するコンサルティングです。
企業のスタートアップ期なら、小さく始め高速でPDCAを回す戦略をたて、事業のうまく生き始めた経営革新期では、強みを生かす事業戦略、経営に限界や陰りが見えた経営改善期には、新製品開発戦略や新事業戦略を立てます。赤字や債務超過などの経営末期、後継者問題発生時には、事業再生計画やM&Aを提案します。

3、財務分野のコンサルティングの仕事の内容
まず顧問税理士との違いを説明することから、財務分野のコンサルティングは始まります。
税理士が使う税務会計は、課税所得を減らすため、税務署が経費として認めるものはすべて費用に計上する会計法で、儲けが正しく算出できません。
コンサルティングが使う財務会計は、会計処理基準で計算されるので、儲けが正しく算出されます。
こうした財務会計を使って、コンサルティングは、儲けを増やすためや「勘定合って、銭足らず」を防止するためのアドバイスするのです。

4、人事分野のコンサルティングの仕事の内容
少ない人材の生産性を高めるの基本である5S(整理、整頓、清潔、清掃、躾)や報連相の重要性を説くから人事分野のコンサルティングを始めます。
中間管理職を育てたり、技能を承継するための手法をアドバイスすることなどが人事分野の仕事の内容です。

5、再生分野のコンサルティングの仕事の内容
再生分野のコンサルティングは、極めて高い専門性が要求されるので、大手コンサルティングファームでなくても、再生分野専門のコンサルタントが地域を超えて全国を飛び回っているのが現状です。
コンサルタント単独で仕事することは少なく、数字の専門家である税理士や公認会計士、法律の専門家である弁護士とチームを組んでとりくむ点が特徴です。
仕事にするには難易度が高い分野ですが、報酬は高いので、ねらい目です。